2019年5月3日(金)大東市「第36回 人権パネル展」

 大東市や人権啓発ネットワーク大東の皆さまが主催されました「第36回 人権パネル展」~ 知っていますかハンセン病隔離の必要がないことを ~にて、
「いちょうの会」より会長の宮良正吉さん、会員の山城清重さんがお話させていただきました。

 場所は大阪府大東市にございます「 慈眼寺・野崎観音」という由緒あるお寺で、公演は「午前の部」「午後の部」とございました。
 演目は「ハンセン病を伝える講談風語り-煌めく百の物語-シリーズ」ということで、午前の部は「島から沖縄愛楽園へ」。午後の部は「沖縄愛楽園から社会という海原へ」というサブタイトルの講談風語りでがございました。
 その講談風語りの終了後に宮良正吉会長、会員の山城清重さん が証言を語りました。

 開場に多くの皆さまが来てくださいましたこと、感謝申し上げます。
 また、一人でも多くの皆さまに知っていただき、少しでも話題にしてくださいますと、それが水の輪のようにして広がって行くと信じております。

会場で語る宮良正吉会長
インタビューを受ける宮良正吉会長と山城清重さん
大東市|第36回人権パネル展「知っていますかハンセン病隔離の必要がないことを」
会場に置かれた無料配布資料や販売物